トップページ | ぶら下がりモノ追加 »

2008年1月15日 (火)

“昭和だより”はじめます

Dscn8755

2008年の始まりと共に、この1月から“博物館の昭和だより”を始めることとなりました。

展示替えや催し物などのおしらせの他に、スタッフの目で見たこの小さな博物館に日々起こる“昭和な”出来事、集まって下さる素敵な方々などのことをお伝えしてゆければと思っています。

(小泉館長コラムは別途始める予定です。こちらもどうぞお楽しみに。)

この記事をきっかけに博物館に遊びに来ていただければ嬉しいです!

どうぞよろしくお願いいたします。

*お問い合わせやイベントのお申し込みは、こちらではなく博物館のアドレスの方へお願いいたします。

さて、早速お正月特別ミニ展示のお知らせです。

今年になってお茶の間に入られた方は、のれんをくぐった瞬間にビックリされたはず。

「吊し雛」ならぬ「吊しセルロイド」が、天井に差した熊手からぶらぶらぶら・・・。

制作者は、一昨年展示をさせていただいた最後のセルロイド職人・平井英一さん。昭和30年代まで製作されていた縁起物です。

賑々しくも可愛らしいセルロイドをどうぞお楽しみください。

談話室とミニギャラリーでは、1月末まで羽子板約100枚を展示しています。

|

トップページ | ぶら下がりモノ追加 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トップページ | ぶら下がりモノ追加 »