« ご近所の梅並木 | トップページ | 飛ぶ飛ぶ~。 »

2008年2月23日 (土)

梅といえば

Dscn8898 外の梅のばかり紹介していてはいけませんね。

館内にも可愛らしい梅があるのを忘れていました。

お座敷では季節ごとに着物を展示替えしているのですが、現在展示しているのは「こどもの着物」。その中に、梅模様の可愛らしい綿入れの着物があります。

色も柄も綿の具合もぽわんぽわんとしていてとっても愛らしい。寄贈品なので詳しい来歴はわからないのですが、慈しんでいる子供のため、寒くないように、赤い色で魔を除けるように、お母さんかおばあさんが丹誠込めて縫い上げた着物だったのでしょう。そんな気持ちまで伝わってくる1枚です。

あまりの可愛らしさに、おちびさんが来館したときに館長が着せてあげていました。

他には、男児、女児あわせて20枚ほどの着物を展示しています。

いらした時にはぜひ発見してみて下さい。

|

« ご近所の梅並木 | トップページ | 飛ぶ飛ぶ~。 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご近所の梅並木 | トップページ | 飛ぶ飛ぶ~。 »