« 着物ボランティアさん | トップページ | 夏座敷に模様替え »

2008年6月26日 (木)

ゆったりキャンドルナイト

Photo 夏至から一日経った日曜日。博物館でキャンドルナイトを行いました。

3:00からは館では初めてのキャンドルづくりを行い、大人も子供も参加して自分だけのオリジナルキャンドルを作って大満足。夜7:00からはそのキャンドルにあかりをともし、またキャンドルや食べ物を持ち寄って三々五々集まって、部屋の電気を消してキャンドルナイトのスタートです。

“100万人のキャンドルナイト”という、省エネと気持ちの豊かさを考える全国イベントに賛同し、電気を消してろうそくのあかりの中でゆっくり話そうと行ったもの。一度ろうそくのあかりの中に身を置いてみると、夜遅くまで電気が明々と点いている方がなんだかおかしい気がしてきます。参加したのは主に友の会の方々でしたが、初めての方どうしでもゆっくりお話できたり、「仕事の慌ただしさを忘れた」という感想でした。ろうそくと言えば、もちろん「ろうそくのあかりで缶詰を開けたなぁ」と停電の時を思い出した方も。

ドイツ在住の会員さんからのメールによると、ドイツでは、キャンドルを灯して家族で夕飯を囲むのはごく普通のことなのだそうです。今の日本では、子供も夜遅くまで電気の下で起きている家庭が多いといいます。電気を点けたり消したりするのが“スイッチ”なのですが、このスイッチを点けっぱなしにしていると、気持ちのスイッチまでうまくできなくなってしまうのかもしれません。あかりの力って大きいですね。

毎日とはいかなくても、たまには“電気を消して”を習慣にしたいものです。

|

« 着物ボランティアさん | トップページ | 夏座敷に模様替え »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 着物ボランティアさん | トップページ | 夏座敷に模様替え »