« “モッタイナイ”布活用講座 第二弾!! | トップページ | 「戦前のモダンうちわ絵見本帳」展 »

2008年8月 6日 (水)

戦後63年目の原爆忌

Photo本日8月6日は、広島の63回目の原爆忌です。

毎年被爆者の方々の高齢化が言われますが、今年は平均年齢が75歳になられたそうです。

戦争を体験として知る方は年々少なくなっていってしまうのですが、それと同じスピードで、いえそれどころかその倍以上もの努力で皆で“戦争”のことを語り継いでいかなければならないと感じます。

博物館でも、毎年資料提供にご協力下さっていた方が、昨年90歳で亡くなられました。

出征し、戦場で戦った際のおぞましい記憶を淡々と、でも力強く語って下さっていた方です。

「戦争をして良いことなど一つもありません。」

ご自身の口から体験談として出た言葉に、皆文字に書かれたもの以上の衝撃を受けていたのですが、この方々がいなくなられるごとに“伝える力”が減ってはならないと思っています。

今年も博物館では8月の特別展として『小泉家に残る戦争』展を開催します。

「戦争とは本当にあったこと」

「二度と起こしてはいけないこと」

「これからも起こりうる可能性のあること」

を、せめて毎年この8月の間だけでも思いに刻み込んでもらえればと願っています。

|

« “モッタイナイ”布活用講座 第二弾!! | トップページ | 「戦前のモダンうちわ絵見本帳」展 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “モッタイナイ”布活用講座 第二弾!! | トップページ | 「戦前のモダンうちわ絵見本帳」展 »