« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

ひさびさの撮影

日曜日、博物館でひさびさの撮影がありました。

俳人の鈴木真砂女さんと画家の片岡球子さんの特集番組の中で、“真砂女さんの家”という設定。

貧しかった時代のアパートの一室という設定だそうです。

今回、もうお一人取り上げられる片岡球子さんは100歳を越えてなお現役の画家として活躍された女流画家ですが、実は館長とも面識があったそうです。

片岡さんも女子美術大学の卒業(昭和元年!)で、館長と卒業生の委員会で何度かお話をされていたとのこと。

とてもパワフルな方だったそうです。

放送はNHKのBS2で10/29(水)19:46~。

「あの人からのメッセージ 悔いはありません~明治女のガンコ道(仮)」という番組です。

ぜひご覧になってください。

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土)

「うちわ絵展 Part.2」開催中

1

Photo

夏の間好評だったミニギャラリー展「戦前のモダンうちわ絵見本帳展」を一部展示替えし、Part.2として開催しています。

うちわ屋が注文を請ける際に見本として顧客に見せていたものと思われる見本帳ですが、今回はその中からグラフィック的なものを中心に選んでみました。

色、柄共に、今でも新鮮に感じるデザインばかり。

どうぞ、もうしばらく“涼しそうな”図像ををお楽しみください。

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

体験学習開始

Dscn9896 9月の連休明けの開館と同時に、今年も小学校の体験学習が始まりました。

ガイドをしながらの見学とあわせて、今回はすり鉢でピーナッツを擂る体験も。

20分ほどすり鉢と格闘して、最後にはおいしいピーナッツバターを完成させていました。

最初はぎこちなくすりこぎを扱っていた子供たちでも、すぐコツを覚えて、擂る姿勢がまるで料理人のようになっていた子もいました。

毎回、このすり鉢がめきめき上手になる子供たちを見ると感じるのですが、今の子は、決して“できない”のではなくて、やる機会が無いだけなのですよね。

「自分で作るとおいし~い!」と口々に感動していました。

そう、お砂糖も、保存料も、着色料も入っていないんですもんね。

しかも労働した後のおやつはまた特別おいしい。

特別な“体験”でなくて、日々のお手伝いってとっても大事!と実感する、秋の体験学習シーズンです。

| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火)

9月の休館日のお知らせ

Photo_2久々にぴかいちの晴天となった今日一日。

休館日を使って、博物館では一日がかりの大掃除をしていました。

そして明日から来週までは、館内整理のため休館。

世の中は今日から新学期ですが、博物館は明日から夏休みに入ります。

9日間研修をしていた大学生の学芸員実習も今日が最終日でした。

掃除、洗濯から庭の草取り、資料の梱包、お茶出しまで、イロイロなことを体験した4人の大学生たち。「生きる力を身につけて欲しい」という館長の趣旨に基づき、他館と違って手と体を使うことばかりだった実習だったと思うのですが、最終日に「生活への考え方が変わりました」という感想をそれぞれから聞けてとても嬉しかったです。

研修は終わっても、また何かの形で一緒に活動できる仲間になって戻ってきてくれると良いな。

博物館もしばし充電して、また秋からの活動に備えます。

●9/2(火)~9(火)までは博物館は休館です。どうぞご注意ください。

(Photo by Mistuaki Sudou )

| | コメント (0)

2008年9月 1日 (月)

昭和の夏まつり

Dscn9671

今週の晴天の日曜日ではありません。

先週の大雨の日のことです。

博物館で、友の会主催の夏まつりを開催しました。

単なるイベントとしてのおまつりではなく、企画から、料 理づくり から、“幻燈会”なる庭芝居の企画・上演まで、すべて手づくりで行う、会員さんやボランティアさん、そしてご近所の方々の交流のおまつりなのです。

あの大雨にも関わらず、85名の参加者が!

本当にありがたい限りです。

Dscn9685

毎年このおまつりをして思うのが、昭和のくらし博物館という“家”そのものを残したからこそ、建築や資料が残っただけでなく、昭和時代の人のつながりまでもがまた新たに生まれ続けているのだなぁ、ということです。

当日は会場に来られなかった方からも、差し入れや励ましなどを沢山いただきました。

多くの方に支えられていることを強く強く実感する一夜のおまつりでした。

コアスタッフとして夏中準備にかかりきりだった皆さん、本当におつかれさまでした!

Dscn9747

Dscn9760       

  

来年もまたこの場所で多くの方の交流が生まれますように。

    

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »