« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

家具道具室内史学会より

昭和のくらし博物館の館長、小泉和子が会長を務める「家具道具室内史学会」から、家具の入門講座のお知らせです。

■2月28日(土)13時~16時30分

 「和家具の基礎知識とおもしろさ」

■3月14日(土)13時~16時30分

 「日本は洋家具をどう受け入れてきたか」

○場所:東京大学 本郷キャンパス 工学部1号館1階 12号講義室

 いずれの講座も小泉館長が講師を務めます。

学会の会員でない方でも受講できますので、家具の歴史に関心・興味をお持ちの方、ぜひご参加下さい。

申込み方法などの詳細については、下記アドレスをご参照下さい。(昭和のくらし博物館ではお申し込み出来ませんので、ご注意下さい)

http://www.jpshift2008.org/lecture/lecture.html(講座のご案内)

家具道具室内史学会HP:http://www.jpshift2008.org/index.html

| | コメント (0)

2009年1月28日 (水)

自然からのおたより

Dscn0241まだまだ寒い日が続く今日この頃ですが、博物館の梅のつぼみがだいぶふくらんできています。写真がボケていますが、そろそろ咲きそうなものもちらほら。

最近はお庭のない住宅も増えてきていますが、やっぱり土があって、季節の移り変わりが身近に感じられるのはいいものです。

梅のほかにも、実がたわわに実った夏みかんの木や、かわいらしい水仙の花などがお庭を彩っています。

お庭を眺めながらちょっと一息、というのも博物館の楽しみのひとつです。

あたたかい春が待ち遠しいこの季節、ちょっとだけそのきざしを感じて思わずパチリ。

(ふ)

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

館長の拾いもの

Photo うちの館長は拾いものが得意です。

どこに行っても、どんな時でも注意深く目を光らせているのと、なにしろモノをムダにするのが「モッタイナイ!」という人なのです。

調査先に向かう途中の車の中から閉店作業中の薬局を見つけ、そこで昔の薬類をいただいて資料にしたり、やはり調査に向かう道すがらにクルミを見つけて拾ってきたり、某公共施設にて廃棄されていた立派な展示ケースを拾ってきて転用したり。

これまでで一番の収穫は、なんと、昭和30年代の東芝第一号の電気釜。

朝、近所にゴミ捨てに行ったところ、箱ごと捨ててあったので即拾ってきたとのこと。

貸し出しや撮影に大活躍で、今や博物館の人気資料になっています。

「博物館の裏モットーは、「もらう、ひろう。」ですね」と、館長と冗談半分本気半分で言い合っているぐらい。(本当のモットーは「家を残し、くらしを伝え、思想を育てる」ですよ~)

本日の収穫はギンナンでした。

近所の神社の銀杏から道にこぼれ落ちていたので拾ってきたとのこと。

「なんで誰も拾わないのかしらね~?」と、ニコニコ顔。

飽食の時代だから?というよりも、やはり気が付かない、思いつかない、手をかけたくない、という人の方が、現在は圧倒的に多いのでしょう。

くさ~い実の部分を洗い流すと、中から美味しそうなギンナンが出てきました。

これから炒って、皆でおいしくいただきます。

(こ)

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

館長の講演会のおしらせ

小泉館長の講座が、神奈川県横須賀市にある「横須賀美術館」にて開催されます。

美術館では、『週刊新潮』の表紙絵でおなじみの画家・谷内六郎の展示室を併設しており、その絵画を紹介する連続講座の一つとして館長がお話にいきます。

事前申込みは不要とのことですので、2007年に新しく開館したこの美術館にまだ行っていない!という方は、この機会にぜひいらっしゃってみてはいかがでしょうか?

海の季節はまだまだ先ですが、横須賀は近くに観光するところも多いようですよ。

(こ)

■谷内六郎をもっと知るための連続講演会

 「谷内六郎が語る昭和のくらし」

○日時:2月15日(日)14:00~

○講師:小泉和子

○場所:横須賀美術館ワークショップ室

    http://www.yokosuka-moa.jp

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

テレビに“ラジオ”が出演します

博物館でも人気者の展示物、真空管ラジオがテレビに登場します。

NHKのBS2の「日めくりタイムトラベル 昭和30年!」という番組で、昨日撮影がありました。

昭和30年では人々の情報源としてラジオが使われていたという場面にてご紹介される予定です。

館のラジオは昭和20年代後半のもので、「5球スーパー」といって、真空管が5つ入っています。

愛知県の方からの寄贈品ですが、真空管のラジオとしては最後期のものだそうです。

大事に使われて、その後も捨てられずに取ってあったのでしょうね。

放送は2月21日(土)20:00~23:00です。

(こ)

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

ホームページをリニューアルいたしました!

新年、そして10周年の幕開けと共に、ホームページもリニューアルいたしました。

http://www.showanokurashi.com

博物館の友の会の方々に協力して作って頂いた力作です。

ここ数年で急速にインターネット環境も整い、今では小学生から70代の方まで「ネットで見て来ました!」と気軽に検索して訪ねてきてくださるようにもなりましたが、ホームページを始めた開館当初の頃は博物館でもまだインターネットを導入したてで、お客様からかかってくる電話を気にしながらこそこそっとダイヤルアップ接続して、ページを見ていた時代でした。

まだそんな頃にホームページを作って下さったばかりか、インターネットのイロハのイの時も知らない私たちに、叱咤激励して色々と教えて下さったデジタルボランティアのデジタリウムDIGITALIUMprojects!!の方々には、本当に感謝感謝の言葉しかありません。

本当にありがとうございました。

デジタルで伝えること、モノと人が伝えなくてはいけないこと、を良く考えながら、今度は自分たちでこのホームページを育てていけるようになりたいと思っています。

どうぞ皆様、新ホームページをよろしくお願いいたします。

「博物館の昭和だより」ブログも、スタートして、ちょうど一年になりました!

こちらも引き続きよろしくお願いいたします。

(こ)

| | コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

新年、あけましておめでとうございます。

Dscn0199年末年始の慌ただしさも過ぎ、博物館も新しい年を迎えました。

2009年は博物館にとって、開館10周年という節目の年です。スタッフ一同、気持ちを新たに、博物館をさらに盛り立てていけるよう、精進していきたいと思います。

今年も昭和のくらし博物館をよろしくお願いいたします。

さて、2009年最初の昭和だより、ここではミュージアムショップのおすすめをご紹介したいと思います。

ミュージアムショップの売れ筋商品、「紋切り型」シリーズがカレンダーになりました。

その名も「福よ来い もんきり暦 二〇〇九」。

毎月、それぞれの季節に応じた紋が楽しめます。

また、巻末に型紙も付いているので、作っても楽しいカレンダーです。

2009年を紋切りで彩ってみませんか?

税込1260円、ミュージアムショップにて好評発売中です。             (ふ)

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »