« 館長の拾いもの | トップページ | 家具道具室内史学会より »

2009年1月28日 (水)

自然からのおたより

Dscn0241まだまだ寒い日が続く今日この頃ですが、博物館の梅のつぼみがだいぶふくらんできています。写真がボケていますが、そろそろ咲きそうなものもちらほら。

最近はお庭のない住宅も増えてきていますが、やっぱり土があって、季節の移り変わりが身近に感じられるのはいいものです。

梅のほかにも、実がたわわに実った夏みかんの木や、かわいらしい水仙の花などがお庭を彩っています。

お庭を眺めながらちょっと一息、というのも博物館の楽しみのひとつです。

あたたかい春が待ち遠しいこの季節、ちょっとだけそのきざしを感じて思わずパチリ。

(ふ)

|

« 館長の拾いもの | トップページ | 家具道具室内史学会より »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 館長の拾いもの | トップページ | 家具道具室内史学会より »