« 建築講座を開講します! | トップページ | 冬の絵描きさん »

2009年2月 4日 (水)

嬉しい置き手紙

博物館にはさまざまな地域からお客様がいらっしゃいます。

先週も愛媛や鹿児島、新潟など、遠くからのお客様が多く、中にはカナダからいらっしゃった方も。

その方はカナダ人でとても背が高く、鴨居や電灯に頭をぶつけそうになりながらも、楽しそうに昭和の家とくらしを見学されていました。

英語が「言っていることは分かるけど、話せない」スタッフF、お連れの日本人の方に訳してもらって、なんとかご案内しましたが、帰り際、「次は友達を連れてくるから、その時は英語でね」と、宿題を出されてしまいました・・・。がんばります。

さて、博物館の受付には、お客様に任意で書いていただいている芳名帳があるのですが、閉館後片づけの時にふと見ると、英語でなにやら書いてありました。

そこには「Fantastic!! Friendliest museum in Japan! (日本で一番フレンドリーな博物館)」と書いてあったのです。

何と嬉しい言葉!言語は違えど、心がほっこり温かくなりました。

|

« 建築講座を開講します! | トップページ | 冬の絵描きさん »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 建築講座を開講します! | トップページ | 冬の絵描きさん »