« 嬉しい置き手紙 | トップページ | お茶の間会 ハギレで豆本づくり »

2009年2月 5日 (木)

冬の絵描きさん

Photo 立春を過ぎたとはいえ、薄曇りで肌寒かった本日。

開館とほぼ同時の時間から、門の外で車椅子に乗って熱心に絵を描いておられるお二人がいらっしゃっいました。

夕方近くになった頃、「寒くないかな・・・どんな絵になったかな・・・」と暖かいお茶を持って覗きに伺ったら、素敵な淡い水彩画が完成しかかっていました。

本物の家の前で、イーゼルに乗って画面の中の家がどんどん出来上がっていくのはちょっと不思議な気分です。

「病気になって歩きづらくなってからも、建築が好きなのであちこち描きに行っているんです」とのこと。

今は、絵に、歌に、忙しい毎日だということでした。

「ここはずっと来たい場所だったんです」と、嬉しいお言葉。

不自由さを乗り越えて積極的に出掛けられる姿に、こちらが励まされました。

そして、最近すっかり写真に夢中になっていましたが、絵もやはり良いものですね。

いつか博物館で、スケッチ大会をするぞー。

そんなアイデアも浮かんだのも、お二人のおかげだったのでした。

(こ)

|

« 嬉しい置き手紙 | トップページ | お茶の間会 ハギレで豆本づくり »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嬉しい置き手紙 | トップページ | お茶の間会 ハギレで豆本づくり »