« ゴールデンウィークの博物館 | トップページ | 館長の家具講座のお知らせ »

2009年5月13日 (水)

修学旅行シーズン到来

初夏の日差しがまぶしく、まだまださわやかなこの季節、各地の中学校、高校は修学旅行シーズンですね。昭和のくらし博物館もそんな修学旅行生で賑わう季節となりました。

東京に修学旅行に来ると、浅草・上野あたりを巡るのでしょうか。そんな観光名所と言われるところから見ると、だいぶはずれた場所にあり、何かのついで、という場所でもないのですが、毎年この季節になると、当博物館にも修学旅行の学生さんが来てくれます。

今日は塩竃からのお客様。見学に加えて、すり鉢とすりこぎを使った「ピーナッツバター作り」体験をしていってくれました。 最初はぎこちない手つきでも、だんだんとコツを覚えて、上手にピーナッツバターを作っていました。Dscn0802_6

「この後はどこへ?」と聞くと、「お台場とディズニーランドに行きます。」とのこと。お台場とディズニーランドに並んで昭和のくらし博物館とは、なんとも不思議な取り合わせです。

博物館で見たことや感じたこと、自分で作ったピーナッツバターの味を、東京の思い出に持ち帰ってもらえたらいいなぁ、と思ったのでした。

(ふ)

|

« ゴールデンウィークの博物館 | トップページ | 館長の家具講座のお知らせ »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴールデンウィークの博物館 | トップページ | 館長の家具講座のお知らせ »