« 夕涼み開館 | トップページ | 8月の記録映画上映会を行いました »

2009年8月15日 (土)

64回目の敗戦記念日

今日は64回目の敗戦記念日です。

ここ数年続けてきたイベント「平和の集い」こそ今年は行わないものの、展示と解説を通じて平和の大切さを伝え続けることは、“昭和”を伝える博物館の使命として、毎夏欠かさず行っていることでもあります。

戦争展が始まると、毎年思い出す方がいます。

戦時中に使ったというブリキのバケツを寄贈しに来て下さったAさん。

東京大空襲の時に戦火のひどかった江東区にお住まいで、命からがら逃げ延びたものの、小学校の友人たちは皆死んでしまったと、ぽつりぽつりと当時のことを話して下さいました。

「今でも絣の着物を着た友達が夢に出てくるんですよ。でも『しょうちゃん!』と声をかけると、ふっと消えちまうんだよ。」と。

お帰りになる間際に「くそっ、戦争さえなけりゃ・・・。」と涙を拭われていた姿が今でも忘れられません。

毎年、毎年、しつこくしつこく、平和への意識を確認していかなければと思う8月15日です。

Photo

防毒マスク-こんなものを持ち歩く日が二度と来ないように











Photo_2

内地の女学生と兵隊さんの慰問文通手紙

|

« 夕涼み開館 | トップページ | 8月の記録映画上映会を行いました »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕涼み開館 | トップページ | 8月の記録映画上映会を行いました »