« 外国人のなごみの場所に | トップページ | 本日の撮影-NHK「ためしてガッテン」 »

2010年2月28日 (日)

開館記念日

Photoここのところこの寒さにもかかわらず、ありがたいことに遠方からお客さんが見えて下さっています。

今日は、この間の国際化の波に引き続き(?)、ドイツ東洋文化研究協会という会の方々が来てくださいました。
日本在住のドイツ語圏に関わる方々の活動の会で、なんと明治時代から続いているという由緒ある会。日本文化を知るグループ学習の一つとして訪ねて来てくださいました。
中には昭和40年から日本に住んでおられるという方もいて、逆にこちらが経験をお聞きしたりする場面も。最後にお茶をお出しする談話室ではそれぞれお話もはずんで、こちらもとても有意義な会になりました。
今後は、現在上映中の記録映画「昭和の家事」の上映とあわせた少人数での見学なども検討してくださっているとのことで、先日の観光モデルツアー同様に、これから色々な広がりがありそうで、楽しみです。

本日2月28日は、博物館の創立記念日です。
これまでの普通のくらしの記録がこれからはきっと大切になってくると、小泉館長が11年前に立ち上げた“博物館”。はじめは「昭和のくらし資料館」という名前にする予定でした。
当初は”昭和”という時代がここまで注目されるとは予想外だったと思いますが、くらしが加速度を増して変わってゆき、また同時にくらしの大切さも見直されるようになってきた今だからこそ、単なる資料を集めておいておく“資料館”ではなく、くらしに関するさまざまな入り口のありつつ人の集う“博物館”で良かったと思います。

先日は、2年ぶり2回目という女性が奈良から来てくださいました。
「奈良には古い建物はあっても、自分が過ごした子供時代の家はもうほとんどないので、いつまでも皆が訪ねてこられるように残していってほしいです。色々と大変でしょうから気軽には言えませんが・・・。」とおっしゃってくださいました。
確かに11年経ってもイロイロと運営は大変ではあるのですが・・・なんとか続けてゆければと思っています。

朝の大雨から一転気持ちよく晴れて、コマ回しの子供たちでも賑わった創立記念日の一日でした。

|

« 外国人のなごみの場所に | トップページ | 本日の撮影-NHK「ためしてガッテン」 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

博物館の11年が思い出されてなんかしみじみする文章ですね。これからも平成という年号にあわせて次の年号も博物館を、続けたいですね。

投稿: | 2010年3月 1日 (月) 17時02分

この10年間、色々なことがありました。本当にあっという間です。
平成生まれの社会人が登場する近年は、益々昭和が遠くなりにけりなので、これから益々また昭和の記憶や知恵が大切になってくるでしょう。
この後10年も続けられるようにがんばりたいです。

投稿: 昭和のくらし博物館 | 2010年3月13日 (土) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外国人のなごみの場所に | トップページ | 本日の撮影-NHK「ためしてガッテン」 »