« 雨の日のお客さま | トップページ | 着物のハギレ »

2011年12月 9日 (金)

赤瀬川原平さんご来館

R1028594_3   

本日は、作家の赤瀬川原平さんが来館されました。

赤瀬川さんと言えば『老人力』の著者で、芥川賞も受賞されている作家ですが、前衛美術家であったり、宮武外骨の研究をされたり、映画の脚本を書かれたりと、八面六臂の活躍をされる方。
昭和のくらしファンなら、南伸坊さん、藤森照信さんとご一緒の路上観察学会のメンバーで、“トマソン”の名付け親という方がおなじみかもしれません。
近年、美術研究者の山下裕二さんと『日本美術応援団』という本を出版されて話題になりましたが、今回はJR関連の雑誌『ひととき』の「フレ!フレ!美術館」という連載の取材でご来館されました。
路上観察学会の方々とも親しい館長が館内をご案内し、ゆっくりお話がはずんでいました。

雪でも降ろうかという冷たい雨となったこの日、対談中に、なんとお隣から湯気の上がるおでんの差し入れが!
これには赤瀬川さんもビックリ、ニッコリ。
そして裏方スタッフにはホイルに包んだ温かい焼き芋が。
すぐいただくのはもったいなく、しばしお腹に入れて温かさをいただきました。

(こ)

|

« 雨の日のお客さま | トップページ | 着物のハギレ »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の日のお客さま | トップページ | 着物のハギレ »