« 雨の日のお客様 | トップページ | 春の佳き日に »

2012年3月16日 (金)

建築講座はじまりました

R1029574

今年で13回目となる人気講座「火鉢を囲んで建築の歴史」が始まりました。

閉館後の博物館のお茶の間と座敷を使って行われるこの講座。
建築史研究の第一線で活躍されている先生方を招いて間近にお話を聞くという贅沢な講座です。
今年は、昨年の大震災を受けて、被災地での文化財に対する取り組みや文化の継承についてのお話が中心です。
講座の後半30分は質疑応答の時間ですが、第1回目の3/10は、30分延長したほどの白熱ぶり。
そして講座の後の懇親会も盛り上がっていました。
最前線の話を、ぜひお聞きいただければと思います。

(こ)

土曜夜間講座
「第13回 火鉢を囲んで建築の歴史」
 18:00~20:00

①3/10(土) 
 「震災復興:東京の橋とまちづくり」

 講師:伊藤孝 (日大理学部特任教授) 終了しました

②3/17(土)
 「災害と歴史・文化の継承」

 講師:後藤治 (工学院大学建築学部教授)

③3/31(土)
 「復原された旧本多邸-世田谷から岡崎に移築された昭和洋館の魅力について」

 講師:内田青蔵 (神奈川大学工学部建築学科教授)
 
 
 

④4/7(土)
 「東日本大震災と歴史的建造物」

 講師:大和智 (文化庁文化財監査官)

|

« 雨の日のお客様 | トップページ | 春の佳き日に »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。近所におりますので時々うかがっております。
建築講座は、なかなか大盛況のご様子ですね。
閉館後のイベントは残念ながら、参加したことがないのですが、
火鉢を囲むと独特の雰囲気があることでしょう。
段々暖かくなって来たので火鉢もそろそろしまいですね。
建築は好きですが、(美の壺の番組録画しました)、専門的な
ことはわかりませんが、贅を凝らした和洋折衷建築は本当に
素敵です。博物館の建物もさりげなく、凝っていますね・・・
いつまでも大切に、そして思い出と共に伝えていって欲しいです。

投稿: 徳本浩通 | 2012年3月30日 (金) 02時01分

さりげなさすぎて、通り過ぎてしまう方も多い昭和のくらし博物館です(笑)。

先週、建築講座は無事全4回が終了しました。
最終回は震災と文化財のお話。
ただでさえ難しい、文化財保護の状況、くらし自体が厳しい被災地ではなおさらです。
質問もなかなか尽きずで、時間をオーバーしての白熱した講座となりました。

投稿: 昭和のくらし博物館 | 2012年4月10日 (火) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の日のお客様 | トップページ | 春の佳き日に »