« スタンプラリーにチャレンジ! | トップページ | 友の会の秋まつり »

2012年9月16日 (日)

“梅ちゃんトーク”開催しました

120915_2


真夏のようなお天気となった15日(土)、特別展の関連トークイベント「昭和30年代の町のお医者さん」を開催しました。

矢口在住の、医師で医学史の研究者でもある蔵方宏昌先生のお話と、小泉館長との対談会です。
蔵方先生は、医学の他、民俗、服飾など、膨大な資料のコレクターでも知られる方。(収蔵庫は、なんと約60坪とか!)
今回は、そのコレクションの中から昔の聴診器や白衣、医学書などを披露されながら、梅ちゃんの時代の女医さんの現状や地域医療についてお話をしてくださいました。

実は、蔵方先生の他にもうお一人ゲストがお越し下さいました。
大森在住の、元女医さんである高橋幸子さんです。
昭和24年に、帝国女子医専(現在の東邦医大)を卒業されたとのことで、ほぼドラマの梅ちゃんと同年代。
歯科医であったお父様が昭和5年に建てたスパニッシュ様式の自宅兼歯医者を改装して開業し、昭和40年から長年地域診療にあたってこられた方でした。

この日は、午前中は大田観光協会主催の町歩きツアーもあり(町工場をめぐってお話を聞き、館の特別展を見学するコース)、お医者さんと女学生時代の梅ちゃんに扮したガイドさんに連れられた参加者の方でにぎわいました。
暑さにも関わらず、庭とお座敷一杯にトークにお集まりくださり、“梅ちゃん”づくしとなった一日でした。

放送も、特別展も9月一杯までです。
残りの会期で特別展もぜひご覧になってください。

(こ)

★大田ケーブルテレビでの放送
「デイリーおおた」という番組で、このトークの模様が放送されます。
放送地域の方はどうぞご覧下さい!

9/18(火) 18:00 19:30 20:30 21:30
9/19(水) 8:00

|

« スタンプラリーにチャレンジ! | トップページ | 友の会の秋まつり »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。梅ちゃん先生も終わってしまいましたね。町工場の大田区、私も昔、蒲田や矢口の工場(こうば)でアルバイトした事があります。切削油の匂いが身体に染み付いた思い出があります。先月は友の会のお祭りいけなくてすみませんでした。是非、記事載せてくださいね。お待ちしています。

投稿: 徳本浩通 | 2012年10月17日 (水) 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スタンプラリーにチャレンジ! | トップページ | 友の会の秋まつり »