« いのちの不思議 | トップページ | 再来館の特典 »

2013年1月19日 (土)

初めての羽釜炊きごはん

今年、お客さまをご招待して、ご飯を炊くイベントがありました。私は館長に教わりながら羽釜炊きのご飯を担当しました。初めての挑戦です。しかも炊くのは1.5升という大量のお米。升って言葉、一升瓶以外で聞いたの初めてです。
 まずはお米を砥いでお水をはった羽釜と、カマドを外に出して炊く用意をします。カマドの中に、丸めた新聞紙を底にして置き、薪を立て掛けるように置いて火をつけますが、このとき薪がわりに使ったのは、何とよしず。壊れてばらばらになったよしずを薪用に取っておいたのです。よしずは火を点けるとぶわっと大きく燃えます。燃え尽きるのも早いので、タイミングを見ながら少しずつ継ぎ足していきます。
 しばらくすると羽釜がしゅうしゅう、ぶつぶついい始めます。館長の指示でどんどん火を強くしていきます。カマドからはみ出るほどの大きな火。吹きこぼれたお湯が羽釜を伝いながらブシューッと煙を立てます。様子が急に派手になるので、ご飯が焦げやしないかやきもきするのですが、館長はぜんぜん平気そうです。
 しばらくすると羽釜が静かになってきます。その時を見計らって、館長がまだ明々と燃えている薪をがさっと引き出し、カマドの中に残っているのは熾火だけになります。「どうタイミングを見計らっているんですか?」と聞くと「お米がこのくらいになったらよ」と蓋をずらして見せてくれました。白い湯気の向こうに真っ白なご飯が光っています。まだ少しプチプチ言っているみたいです。さらに火をすべておとし、少し蒸らして完成です。

Dsc_0890_3

 炊きたてはもちろん、冷めてもモチモチの美味しいご飯でした。驚いたのはご飯に火のいい匂いが移っていること。火の匂いってお腹がすく匂いですね。お客さまもとっても美味しいとご飯を召し上がっくださり、1.5升のご飯のお釜はあっという間に空っぽ。お釜についたご飯は水でふやかし、天日に干して「干し飯」として館に展示しています。

 今回、このとっておきの羽釜ご飯を使って、おにぎりを作るイベントが1月20日(日)、27日(日)に2日にわたって開催されます。題して「作ろう!究極のおにぎり!」。かまど炊きごはんの他に、大森海苔のふるさと館でお手製の海苔も作ります。
 おうちで作るおにぎりだって美味しいのですから、特別なご飯と海苔を使ってみんなでおにぎりを作ったら、どんなに美味しくなるでしょうか?!スタッフがやりたいと思っていたイベントがやっと実現するので本当に楽しみです!ぎりぎりまだ予約枠が空いています、ぜひご参加ください!(な)

申し込み先のお電話
03-5471-0333
(大森 海苔のふるさと館)

|

« いのちの不思議 | トップページ | 再来館の特典 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

お釜炊きのイベント大盛況のご様子ですね。
我が家は毎日直火炊きの御飯ですが羽釜ならどんなに美味しいことでせう。電気釜では食べられないおこげ、そして直火ですと、違う食べ物のやうな気が致します。明日は雛祭りですね。お雛様を見に来る方がいっぱいいらっしゃいますやうに・・・

投稿: 扇野要 | 2013年3月 2日 (土) 03時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521526/48834562

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての羽釜炊きごはん:

« いのちの不思議 | トップページ | 再来館の特典 »