« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 半日だけの母娘 »

2013年1月10日 (木)

かわいい忘れ物

博物館の新年は5日から始まりました。初日はなんと、小さなお子さまもいれて50人.翌6日も49人と大盛況でした。その理由は、小学校3年生に出された「昔のくらしの道具を調べよう」という冬休みの宿題。来館者の大半はお母さんやご両親に伴われた小学3年生でした。皆、熱心に写真を撮ったり(研究・宿題のための見学では撮影を許可しています)、絵に描いたり、メモしたり。質問も飛び交います。
 一段落したとき、受付棟前の展示品の古いゴミ箱の上に、小さな青いリュックがぽつんとあるのに気がつきました。庭で羽子板をしている親子連れに尋ねると、その男の子のものではないとのこと。では忘れ物なのだ、と失礼してポケットや中をのぞかせてもらいました。すると内側のポケットに平仮名の名前がありました。もしかすると芳名帳にお名前があるかもしれないと確認すると、ありました、お父さんのお名前。住所も書かれています。早速104に問い合わせたものの、その住所での届出はありませんでした。
 いたし方なく、気がついて連絡をくださるのを待つことにしました。でもその日はご連絡がなかったので、休館日明けの8日にお預かりしている旨のはがきを出しました。

Dsc_1966
 すると翌9日にお母さんから問い合わせのお電話が。はがきが着く前にいただいたお電話でした。お預かりしていることをお伝えすると、早速翌日引き取りに見えました。
 リュックを忘れたことに誰も気づかず、9日になってよそへ出かけようとして、水筒がないことに気づき、はてリュックは?となって初めて忘れたことに気づかれたのだそうです。小さな青いリュックはお母さんに抱かれて帰っていきました。よかった。

芳名帳への記帳は誰もがしてくださるわけではありませんが、このように住所がわかっていることで万一のご連絡を取ることもできます。面倒でもできるだけのご記帳をお願いしようと思ったことでした(ま)。

|

« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 半日だけの母娘 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521526/48680766

この記事へのトラックバック一覧です: かわいい忘れ物:

« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 半日だけの母娘 »