« 瓢箪の緑のカーテンが広がっています | トップページ | 木は材木になっても生きている »

2013年7月19日 (金)

カエルの行水

暑い暑い…とばかりは言っていられないのですが、それにしても梅雨明けと同時にスタートした今年の暑さの厳しいこと。

   この日も朝から30度近い暑さでした。朝、水撒きをしようと思って井戸端のバケツを覗いたら、中でカエルがプカプカと。昭和の夏の情景といえば、行水もそのひとつですが、カエルも行水でしょうか。はたまたこの暑さにノビてしまったのでしょうか。結局、そのまま夕方までずっと気持ちよさそうに水に浸かっていました。
1_4




























 この暑さのなかでも訪ねてくださる方が大勢いらっしゃるのは、ありがたいかぎりです。縁側で庭木を渡る風を感じたり、棚の瓢箪を仰ぎ見たり、縁台でゆっくりラムネを味わったり、庭でカエルの写真を撮って楽しんだりとそれぞれの時間を過ごしていかれます(こ)。

2_4





|

« 瓢箪の緑のカーテンが広がっています | トップページ | 木は材木になっても生きている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521526/52517717

この記事へのトラックバック一覧です: カエルの行水:

« 瓢箪の緑のカーテンが広がっています | トップページ | 木は材木になっても生きている »